娘が高校生の時、私たち夫婦が思ってもいなかったホームステイの為の出費があり、両親に助けられました。

長女である娘が高校生の時に、私の親からお金を借りました。
その通っていた高校は、希望者に、ニュージーランドへのホームステイがありました。
お金を借りてまで、娘にホームステイの経験をさせることには、夫婦で考えるところでもありました。

娘はそのような体験がしたいと、両親となる私たちに言うのです。
でも、私たち夫婦には、30代で家を建てたものですから、毎月家のローンという大きな返済する金額がありました。

当時、私の両親はまだ現役で働いていました。
数万円の金額でしたら、私たちもどうにかなるのです。
余計な出費となり、足らない分だけの30万円が必要でした。。
可愛い孫のために、両親は私達に30万円のお金を貸してくれると言ってくれました。
その後、毎月少しずつのお金を、両親に返しましたが、親は利息はとらないので助かりました。

娘がニュージーランドへホームステイできたことは、両親か位らお金が借りれたから出来たことです。
今でも感謝しております。
娘も人生の中で、大きなよい経験となりました。
娘もお金に関しての事情を知った上での、ホームステイとなり経験をかみ締めての行動となったようです。
まさか高校でこの様な出費など考えていませんでした。

利息なしで、お金を借りれたからできた事で、利息を払ってまでホームステイは行かせてはあげれませんでした。

二女にはこの様な経験はさせなかった分、念願の大学への進学をさせました。
両親には、その時にお金を借りたり、精神的にも多く助けられました。