島根県アスレチックでのひととき

私は、単身赴任で東京にさんねんすんでいますが今度は千葉に転勤になり急遽車が必要になり家がある島根に車を取りに帰りました。久々の家族再開でしたがあまりお金もなく仕方がないので水族館の横にある公園にいきました。そこには50メートル位ある滑り台やアスレチックがあり子供も大喜びでした。特に5才になる娘は高いところが苦手なのかひとりでは滑れずまだ可愛らしさがあり一緒に滑りました。一番感動したのはターザンのように紐にぶら下がり滑る乗り物がありまだできないだろうと思いましたが普通に一人でできたのを見て感動しました。それからスーパーに行きお肉を買ってみんなで焼き肉をしました。ひさびさの家族団らんに凄くテンションがあがり皆で神楽を見に行きました。子供は神楽が大好きなのですが甘えているのか恐いと言って膝の上から離れませんでした。神楽が終わり家に帰り一緒にお風呂には入り今度は嫁さんと晩酌です。久々なので一杯お酒をのみすぐ寝てしまいました。翌朝今度は娘とつくしを取りに行きました。東京とは違い自然が一杯でとてもいやされます。空気はいいし見渡す限り緑で今までの疲れが一気になくなりました。つくしは食べるほど取れなかったですが素晴らしい思い出になりました。今までは旅行したりご飯行ったり自分が遊ぶことが楽しいことでしたが、親になると子供が楽しいことや、成長が一番のたのしみになりました。これからも家族の笑顔が一番の楽しいことです。