超真面目なおじさんの60歳での脱皮

この前の日曜日に従兄弟の息子が結婚式がありました。従兄弟は、超が付くほど真面目で面白いことも行ったとしてもズレているのでなかなか受けません。それに、いつも本を片手に持って読書をするために散歩に行き、コーヒーショップに入ってくつろぐことが好きです。奥さんが人付き合いがうまいため、どうにか人との交流ができています。それでも、小さい時から私とは仲がよかったので今でも本の話題で盛り上がります。
息子は、長男で37歳ですが、結婚をする気がなく従兄弟はとても心配していました。男だからそんなに神経質に結婚を考えなくてもいいのではないかといったこともあります。
しかし、彼はどうしても結婚して幸せになって欲しいという気持ちが強く、神社にお参りしたりしていました。3年ほど前に、息子が付き合っていた子がいてその子と結婚してほしかったと思いを話すことがありました。
ところが、なんと今年の1月末に従兄弟より電話があり、「息子が結婚する、それも、俺が思っていたあの女の子と!」とそれは、今までに聞いたこともないようなハシャギ方で話すのです。そのことが、とても不思議で息子の結婚より従兄弟の変化がおかしくてしかたありませんでした。
結婚式の日、緊張で従兄弟は、呂律が回らずみんなの笑いを多いにとりながら、満面の笑顔でした。結婚式の余興で髭ダンスが始まると、従兄弟に急に蝶ネクタイを髭おじさんたちがつけたのです。すると、なんとノリノリで今までみたことないような姿でヒゲダンスを従兄弟がするのです。みんなその姿をみて、「60にしてなにか脱皮した感じがするね」と大笑いをしました。父と息子でいろいろ問題もあったようですが、末永くお幸せにと願って参加した結婚式でした。