結婚して3年目。小さかった息子も2歳になりました。

初めての育児で四苦八苦しながらも息子の成長していく姿に
大変なことも多いけれどたくさんの幸せを感じています。

我儘で甘ったれでちょっと乱暴だけど優しい面もたくさん持ってる
そんな息子も2歳になり色々と言葉を覚えてきました。

覚えたての頃は、ぶーぶやわんわん、ぱぱ、まま
ねんねやまんまなどと一言単語でしか話せませんでしたが
最近では二言三言話せるようになりました。

例えば、「まま、ごはんくう!」
主人を真似したせいか言葉は荒いですが(笑)

「ぼーぼーちゃ、かっくいー!(消防車、格好いい)」
車のおもちゃが大好きで中でも消防車はお気に入りです。

「にゃんにゃん、ねんねしゅる(にゃんにゃん、ねんねする)」
お気に入りのぬいぐるみを寝かしつけている姿は本当に可愛い!!

「あいちゅ、ほちい(アイス、欲しい)」
アイスのある場所を覚えられてしまい冷蔵庫を勝手に開けることもよくありあます(汗)

などなど他にもたくさんありますが
紹介しきれません(笑)

中でも笑ってしまったのが昨日の出来事です。
寝ている主人を起こしてきてと頼んだら
いつもは「ぱぱ!ぱぱ!」としか呼ばないのに
昨日に限っては「ぱぱ!時間だよ!時間!」と大きな声で
主人を起こしていました。

きっと私の真似をしたんでしょう。
とっても可愛らしく思わず笑ってしまいました。

子供の成長は私たちが思っているよりもずっと早く
知らない間にたくさんのことを吸収しているのですね。

息子には毎日たくさん笑わせてもらっています。

チューリップが綺麗な季節

桜が咲いてあっという間に散ってしまいました。春です。今度はチューリップが綺麗に咲いているということで友達とチューリップ畑に行ってきました。天気もよくて風が気持ち良かったです。チューリップ畑の近くにはテントがあって好きなチューリップを選んで抜いたのを売ってくれるという事でした。早速抜きに行きました。足元は昨日の雨のせいでどろどろでした。友達が私の為にチューリップを選んでくれて抜いてくれました。そして私にプレゼントしてくれました。とてもうれしかったです。チューリップの球根は曲がっていて抜くのはとても難しかったです。五本のうちの二本の球根が折れてしまいました。でもとても楽しかったです。その後は友達の家に行きました。初めて沢山話してとても楽しかったです。家に帰ってから早速チューリップを植えました。抜いたチューリップなので植えるとちょっと元気がない感じになってしまいました。
でも友達と一緒にチューリップを選んで抜いた思い出が詰まっています。毎朝チューリップを見るのが楽しみになりそうです。チューリップは毎年球根が無事なら花が咲くようです。毎年春にチューリップが綺麗に咲いてくれるといいのですが。庭に花があるというのはやっぱりいいものです。もう少し沢山の花を植えたいです。花を見ていると心が落ち着きます。綺麗に咲かせるのは難しいけれどやりがいがあります。庭に咲く花を見て自分の中にも花を咲かせたいと思っています。

結婚が決まった途端・・・

1週間前 職業訓練の同じクラスの30代の女性の結婚が突然決まったと本人がみんなに告白
辺りは騒然。
一緒に訓練を始めた頃には 結婚の話なんて全く出ていなかったし、彼はいるものの付き合って1ヶ月と言っていたので彼女の口から結婚という言葉が出るなんて、クラスの誰もが想像すらしていなかった。
「彼から 6カラットのダイヤの指輪貰ったの」
「マンションは彼の持ちもので 来週引っ越す事になったの」
「両家の顔合わせがGWなんだけで 緊張するぅー」
なんてとても嬉しそう
ん?なんだか 順番がぐちゃぐちゃな気が・・・・と思いながら
おめでたい事なので突っ込みを入れるのはやめておいた。
みんな一様に「おめでとう お幸せに」なんて祝福
そして、予想通り 全くその日から彼女が訓練に身が入っていないどころか覚える気全くなし
学校に来るのは 友達作りと思い出作り、そして自慢話をしに来てるだけ
想定範囲内なので 自慢話は完全にスルー
そして、奇跡が!
今日 彼女の短かった婚約期間が終わった。
理由は、結婚してから寝室を一緒にするかしないかでの意見の違いによるもの。
なんともあっけない。
そんなんでよく結婚なんていえたものよねとおかしくなってしまった私は悪い人?
絵にかいたような破局劇に 言うまでも無くまた必死で御勉強を始めた彼女。
彼女は「結婚する前に あんな人だとわかって良かった 一緒に毎晩寝るなんて絶対嫌だもん」
え?結婚しようとしている相手と一緒に寝るのが嫌なんて 大丈夫なのだろうか
世の中いろんな人がいるものだなあと思った出来事でした。

彼氏欲しいの軽い気持ちでねずみ講に…

短大生だった頃、周りの友達にどんどん彼氏ができ始め自分もとても彼氏が欲しかった時期がありました。しかし、なかなか巡り会うきっかけや出会いがなく軽い気持ちでネットでの出会いに手を出しました。何人かいいなと思うような人がいて、その中の一人の人と会うことになりました。

私より5歳ほど年上の人でとっても大人に見えました。話も面白くて、優しい雰囲気の人でした。私はその人に惹かれてしまい、その後も何度も会いました。その中で彼はみんなとビジネスをしてるという話を私にしてきました。冷静になって考えればねずみ講と呼ばれるタイプのビジネスで、リーダー的な人たちはそれなりにマージンが入ってきても下っ端の人は商品販売のために頑張るだけで稼げるような仕事でもありません。それどころか最初に自分で使用するために初期投資として商品を購入し使用感を試してみたり…とあんまりなのですが恋愛感情が先に行ってしまいそんなことには気が付きませんでした。

仲間とサークルのような感じで集まって販売活動を頑張っている!頑張れば頑張った分だけお金になる!自分がついているからわからないことは何でも聞けばいい!と言われその仕事に足を踏み入れてしまいました。最初に自分で使うために購入する商品のお金は足りなかったのでローンを組んで購入しました。みんな販売活動をかんばっているし、彼に認めてもらいたくて私も今の友人から昔の友人まで声をかけまくりました。友人たちはひきまくりです。いつしか電話にも出てくれなくなりました。

なかなか成果の上がらない私に、最初は親身に相談に乗ってくれていた彼もどんどん冷たくなっていきました。きっと戦力外だったのでしょう…。そこでようやく目が覚めました。しかし目が覚めたときにはいらない商品を買ってしまったためのローンと、私から離れて行ってしまった友人たちという大きな代償が残りました。恋愛感情を持ってしまったがゆえに冷静に物事が捉えられなくなっていた自分に後悔をしています。

失敗だらけの人生でした

私は数々の失敗を経験してきました。ですが、物分かりが悪いのかきちんと考えれないのか何も考えていないのか、失敗を繰り返してしまいます。
恋愛の一番の失敗といえば、手を出してはいけない人との恋愛です。
会社の先輩で、イケメンなのにすごく親切でふざけた冗談もいえる周りからも好かれる人でした。もちろん彼女がいます。
私にも2年以上付き合う彼がいました。嫉妬深くDVまではいきませんが、ケンカでたまに手を挙げる時もありました。
そんな彼に困り果てて、休憩時間などに先輩に相談するようになっていました。
親身になって聞いてくれる先輩に次第に惹かれていました。でも、先輩には彼女がいるし私にも彼がいる。そう思うと聞いてもらえるだけで気が紛れていました。
そんな時、仕事から帰って家でまったりしていると、携帯が鳴り、先輩からの電話でした。「気晴らしにカラオケでも行くか?」
急な誘いでしたが、前々から会社の飲みでの二次会は毎回カラオケだったので軽いノリで「明日も仕事だから少しだけですよ。」とOKしました。
カラオケに向かうまでに少し恋愛相談していたら、先輩が「こんな話すると飲まないとやってらんないな。」といい、少し郊外へ向かいました。郊外のカラオケや飲み屋街はさっぱり分からない私は、ただ乗っているだけで、着いた所はラブホテルでした。
「えっ?えっ?」「ただ飲んで歌うだけで、居酒屋よりは安いから。」そう言われて部屋に入りました。
お酒を注文してガンガン飲みながら歌っていると、確かに嫌な気分は紛れて楽しくなります。そして、酔いが回れば回るほど、男女2人でラブホにいたら、することは一つですね。結局誘われるままにしてしまいました。朝は罪悪感でいっぱいでしたが、「お前のこと好きだよ」と優しく抱きしめてくれた先輩の愛情で吹き飛んでしみました。
そのあとは何もなかったかのように仕事に行き、普段通りの毎日を過ごしました。
ですが、たまに先輩に誘われるようになりました。仕事中では普段通りの先輩と後輩。夜は男と女として会っていました。
ある晩、もう彼の暴力に耐えかねて泣いて相談した時、「そんな男、もう別れろ。お前には俺がいるんだから。」と抱きしめてくれました。
そして、頑張って彼に別れを告げ暴力をふるわれることなく別れられました。
ようやく先輩と一緒になれる、彼女と別れて私と付き合ってくれる。そう思っていたら、「浮気は浮気でしょ、お前のことは好きだけど浮気だから。」と言われてしまい、その一言に一気に冷めてしまいました。私は二番目の女としては必要だけど本命ではない、だから離したくない。という意味だったなんてと。
それ以来、先輩と仕事以外で会うことは止めました。仕事では普段通りの関係のままでいることは凄く辛かったです。
その後、あとから私と先輩との関係を知った彼女に呼び出され殴られました。先輩は助けることもかばうこともなく、その姿を見ているだけでした。
人のものに手を出した自分や、自分から誘っておいて何も言わないそんな最低な男を好きになった自分を後悔したから、殴られても反論はしませんでした。
その後、彼女が私に関してある事ない事の変な噂をたくさん流してくれて、友人間で、かなり悪い評判が広まり、5.6年以上悪く言われました。
ですから、人のものに手を出してはいけない。たとえ、どんなものでも、と学びました。

軽々しい出会いは失敗する

初めて付き合った彼と1年半たった時の事です。

半同棲が始まり、もう新鮮さもなくなり
彼の為に料理したり洗濯したりするのもめんどくさくなっていました。
私も自分の時間を使って遊びたい!と思っていました。

そんな時、久しぶりに友達に飲みに誘われ、彼にようやく了解をとって行って来ました。

久しぶりに友達と盛り上がり楽しみました。
そこへ男性が二人、声を掛けてきました。

いわゆるナンパです。

舞い上がってた私は一緒に飲む事をオッケーし、時間を忘れて盛り上がりました。

当時一人暮らしだった私は、飲み直しでみんなを連れ込みました。

友達も居たし何も起こるはずないと思っていました。

しかし、みんな深酒で朝方にはみんなで雑魚寝。

途中で起きてしまった私と彼は、その日のうちに結ばれてしまいました。

もともと嘘をつけない私。
浮気には向いてない体質。
もう彼に気持ちが行ってしまってたんだと思います。

そして本彼に逢った時には全然楽しくなくて、しまいには名前を間違えてしまいました。
浮気を打ち明け、別れる事になりました。
すっきりしたはずでしたが寂しさでいっぱいでした。

彼の嫌な所ばかり見てたのに、いざ別れると楽しかった事ばかりが浮かんで…
とっても辛かったのと後悔。

彼を失った事は本当に失敗でした。

その後も何度か彼に連絡を取ろうとするも、全く相手にされず、家に行った事もありました。

しかし車で女性と仲良く帰って来る所を見てしまいました。

素敵な彼だったから、すぐに彼女できるよねぇ
と後悔、後悔、後悔でした。

その後、浮気相手とも続いていましたが、本命の彼女にはなれませんでした。

空しい気持ちばかりで、帰ってからも空虚感でいっぱいでした。

そして、その浮気相手は私の友達とも関係がありました。
その他にも合コンばかりしては色んな女性を持ち帰ってたそうです
最後には、誰かかわいい子を紹介して!と言われました。

最悪な人でした。
でも私もやってる事は同じ。

若気の至りで大失敗でした。
もっと自分を大事にしなきゃと思った経験でした。

世の女性はすべて、ヘソクリをすべきです。

私の人生で一番の失敗は、結婚したことです。
あまりにもありがちで書いてて目まいがしますが、事実なのだから仕方がありません。

ただし。結婚したばかりに所持金ゼロ円を味わった女性は、あまりいないんじゃないかと。
(世間によくある話じゃ困るっ!)

私はあまり美人ではないのですが、どういうわけか彼氏いない時期がわりと少ない。
最初にプロポーズされ婚約したのが16歳。諸般の事情により断念しました。
ケンカとかしたわけではない。話せば長いんだいろいろありましての諸般の事情です。

その後も何人か俺とつきあってくれがおりまして、カンベンしてくれの方が多かったのですが、数人とつきあったことがあります。

…。
もっぱら向こうからですね。自分から告白したとか、ラブレター書いたとか、全くないんですよ。
男友達の延長が多い。なんでこんな不美人がいいかね。と思ったものです。

(ラブレターの単語で年代がばれますね)
(インターネットもなにもない、固定電話!の世代です)

(固定電話を知らない方のために、ここに解説を書くべきでしょうか)

結婚前につきあった数人の男性、派手にケンカして別れたとかのパターンはございません。
自然消滅とか、こっちが嫌気さして疎遠になったとか…静かで陰気な終わり方が多い。
今となっては顔も名前も、何人いたかも出てきません。3人前後かな。

それが肝心の結婚は、静かに陰気に終わったとかではない。激戦でした。

結婚のきっかけは親戚の紹介。お見合いではない。
弁護士に「ここまでやる奴はいない。すごい」とお褒めの言葉(!!)をいただいたくらい、ありえない奴でした。

説明します。

私が風邪を引いて、何日か寝込んでしまいました。
ようやく風邪が治って、なんとなく自分の預金通帳を見たら、どれもこれも残高ゼロ円。
元夫は、知らない間に行方をくらましている。

ようやく居場所をつきとめると、元夫の言い分が「だって家のことで用事があって、そのことでお金を使ったの」「風邪の看病のためにお金を使ったの」。

この言い訳は有効だそうです。
通帳に入っていたお金が何百万でも、何億でも、家族のお金は無断で使ってOKだそうです。私の被害額は秘密。

わりと昔の話なので、現在の法律でどうなっているかは知りません。女性の皆さん、頑張ってヘソクリしましょう!!

「結婚」に縛られすぎて…

28歳のころ、周りの友人は次々と結婚しだした。そんな中にいると、やっぱり焦る。
「結婚なんてまだ考えられないんだよね~」なんて強がって嘘をつくのが辛かった。
そんな時、友人開催の合コンで知り合った男性といい感じになり、付き合うことに。
2歳年上で車はBMW、都心在住、一流企業勤務。なんというハイスペックなお方!
顔はタイプじゃないけどそんなの関係ねぇ!
30歳目前にして超いい人に出会ってしまった!私は彼に会うために今まで結婚しなかったのよぉ~!
と、幸せをわし掴みにした気分だった。

しかし、だんだん息苦しさを感じだした。
楽しくないのに楽しいフリをしたり、彼に合わせて言いたいことを我慢したり。
例えば私の誕生日デートの日、前日友達と飲みすぎた彼は約束の時間に大幅遅刻。
ドライブ中ずっと不機嫌で午前中はずっと無言。無理してドライブじゃなくていいよといっても無言。
胃腸薬や栄養ドリンクを買ってご機嫌をとってる自分がすごくみじめだった。
そしてその日の夜、別れ際に彼は「気を使ってくれて、ありがとうね」と言った。
ありがとう!?普通気を遣わせてしまってごめんねじゃないのか!?私の誕生日なんだけど!
とものすごく腹が立ったが「ここで喧嘩して別れたら結婚できなくなる」と思い言葉を飲み込んだ。

そんな我慢をしながら交際8ヶ月目、彼がいじっていた携帯がちらっと見えた。(というのは建て前で本当は覗きこんだ)
明らかに女性といちゃいちゃしたやり取りが目に入り、さすがに見過ごすことができず問い詰めた。
しかし彼は「気のせいだよ」と。
「じゃあその携帯みせてよ」といっても、「それはできない」の堂々巡り…
もやもやしたまま解散。
そしてその1週間後に「別れよう」とメールが来た。
こんなに我慢して付き合ってきたのにこっちがフラれた…!しかもメールかよ…!
物凄いショックを受けたし、悔しかった。もっと言いたいこと言ってやればよかった、と。

でも幸運なことに、その3ヵ月後に出会った人と結婚が決まった。
とても優しくて楽しくて、出会えてよかったと心から思える相手だ。
楽しく結婚準備をしていた頃、別れたその男から頻繁に連絡があった。
ほとんど無視していたが、今さら惜しくなったの?ざまぁみろ!お前と別れたおかげで幸せになったよ!
と思ったりしてちょっと優越感もあった。
結婚することだけは友達伝いで知ったらしく、「結婚するんだって?うらやましいな!」なんてメールもきた。
あんな身勝手な奴一生結婚できないわ!ざまぁみろ!
と思っていたら、つい最近、彼が結婚していたことを知った。
しかも私より1年も前に…え?一年前?
私は夫と交際1年で結婚したが、元彼は一体…?
交際3カ月で結婚ってこと?結婚式は人気の式場でしっかりしてたようですが…
あれれー?もしかしてちょっとかぶってましたー?

別れて2年後、浮気に気付いた。

「結婚」にとらわれすぎてそんな男と我慢して付き合ってきたことが一番の失敗だったと、今ならわかる。